襟足の形を脱毛エステで整える事もできるみたい

私の襟足は、燕尾服のような形に左右が長くなっていました。その上、うなじに細かい黒い毛がたくさん生えていたので、アツプにすると、とても見苦しい状態でした。それで「医療レーザー脱毛」を受けました。「医療レーザー脱毛」のことは、新しくできたヘアサロンに行ったときに教えてもらったのです。担当になったヘアデザイナーさんが、いきなり、「アップにしたら似合うんじゃないかな」と後ろ髪を指でかき上げるようにして持ち上げたので、私はビックソしてしまいました。ちょっとムッとした顔をすると、「襟足とうなじをちょっとキレイにすれば似合いますよ。前から見たら最高にいい感じじゃないですか」というのです。そういわれてみれば……。

 

 

それで「医療レーザー脱毛」という強い味方の話になったのです。ヘアデザイナーさんは、お客さんから教えてもらったのだそうです。「恵比寿ガーデンクリニック」で、短時間ぞやってもらえるという話でしたので、美容院から帰ってすぐに電話をかけて聞いてみました。それが運のツキ、ラッキーな運のツキでした。その日のうちに、私はカウンセリングを受けに行き、次の休みの日に予約を入れて、トントン拍子に美しい襟足とうなじを獲得しました。「医療レーザー脱毛」は、うなじにはもってこいの方法だと思います。今は、受けたばかりなので黒い毛がなくなってツルツルの状態。それはそれで満足しているのですが、あとで再生してくる毛は、細く。短く。色の薄い産毛だということなのでとても楽しみにしています。そのほうが、うなじには似合うと思うからです。見苦しかった黒い毛がなくなり、襟足のラインが整ったら首が長くなったように感じられます。自信を持ってポニーテールにもシニヨンにもできるようになりました。