ワキガ手術と脱毛エステ

ワキガ手術のあと「医療レーザー脱毛」を受けました
私は、学生の頃からワキガでずっと悩んでいました。ワキ毛があるとニオイがひどくなると思って一年中脱毛をし、デオドラント製品も使い続けてきました。それがいけなかったのです。年とともに皮膚も弱くなってきたのでしょうが、肌荒れがひどくなって、ワキの下が黒ずんでしまいました。それで、もうだめだと思い、「銀座カラー」で脱毛をする前にワキガの手術のできる医者に相談に行きました。実は、以前から超音波によるワキガ手術のことは知っていましたし、受けようかとも考えていたのです。ワキガがとても気になっていたので、 いろいろな先生が書かれたワキガの本を買っては読み、自分なりに研究していました。

 

 

「銀座カラー」の「ワキガ。多汗症は超音波で30分で治る!」という本を読んだとき、もし受けるならこれが一番いいだろうと思っていたのです。ですから、どこの病院にしようかと迷わずに「銀座カラー」に行きました。カウンセリングを受けて、やはり、ここに来てよかったと思いました。先生のお話を聞いていましたら、さらに新しい治療法が加わって、ワキガばかりでなく皮膚の黒ズミまで取れることがわかったのです。まず、超音波によるワキガ手術でワキガを根本から治療し、 一か月半ほどの期間をあけて、 レーザーによる脱毛を行えば、ムダ毛の処理も皮膚の黒ズミもキレイに解消されるとのことでした。

 

次に続く